マーケティングの世界では「トリプルメディア」という考え方が浸透しましたが、英語圏では「POEM」と呼ばれています。このフレームワークをさらに一歩進めた「PESO」と「PESOオーダー」について書かれた、『Markezine』の記事を紹介します。

トリプルメディアの考え方を一歩進めた「PESO」と「PESOオーダー」

コンテンツマーケティングなどメディア戦略を論ずる際に、必ずと言っていいほど出てくる考え方が「トリプルメディア」というフレームワークです。しかし『MarkeZine』の記事によると、トリプルメディアという言葉が通じるのは日本だけで、英語圏ではPaid、Owned、Earnedの頭文字にMediaを加えて「POEM」と呼ばれているんだそうです。

そしてその記事では、POEMのEarnedをマスコミでの紹介(Eeaned)と消費者による口コミ(Shared)に分解した「PESO」と、さらにこの4分類を組み合わせる順番に着目した「PESOオーダー」について紹介しています。

企業がメディアマーケティングを進める上で新しい視点を与える「PESO」オーダー、詳しくはこちらよりご覧ください。
※全文を読むにはMarkezineへの会員登録が必要です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.