広告に次ぐ収益モデルとしてメディア運営者が取り組みたいのが、読者への有料課金です。英ガーディアンの広告に頼らないマネタイズ戦略について書かれた、『DIGIDAY』の記事を紹介します。

Webメディアの収益源として真っ先に思い浮かぶのは広告収入ですが、それだけで十分な収益を確保するのは簡単なことではありません。そこで新たな収益確保として取り組みたいのが、読者への直接課金です。雑誌や新聞などのレガシィメディアでは、その実販売が収益の柱になるのが普通。そのモデルをデジタルメディアでも実現しようと考えるのは自然なことです。

国内のWebメディアにおける有料課金の成功例の代表格と言えば、日本経済新聞の日経電子版でしょう。有料会員数は50万人を超え、日本でも有料課金モデルが成り立つことを証明しました。それでは、日本の先を行く欧米のメディアの状況はどうでしょうか。『DIGIDAY』の記事によると、英王手新聞社のガーディアン(The Guardian)は、データを活用したコンテンツ制作体制により、課金収益を劇的に伸ばしているようです。詳細については、以下の記事をご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.