2017年10月のアップデートにより、Google ChromeではHTTP接続(非暗号化)の場合に警告が表示されるようになりました。Webメディアの運営者は、この事実をどのように受け止め、どのように対処すべきなのか。GoogleのHTTPS要求に関する『ferret』の記事をご紹介します。

GoogleのHTTPS要求について知っておきたい3つの事実

検索アルゴリズム上、HTTPS接続のWebサイトを優遇するとGoogleが公表したのが2014年。それ以来SSL化の必要性が叫ばれてきましたが、個人情報を扱わないWebメディアにおいては未対応のところが多いようです。しかし今年10月のGoogle Chromeのアップデートにより、事態は一変しました。非SSL環境のサイトをChromeで開くと「保護されていません」と表示されるようになったのです。直帰率アップに繋がりかねない状況で、未対応のメディアはいよいよ検討すべき段階になりました。

このGoogle対策としてのHTTPS接続に関して、『ferret』が3つの事実を記事にまとめています。

事実1:HTTPS要求強化によって、全ての HTTP ページに警告が表示される
事実2:多くの競合ホームページがHTTPSを採用している
事実3:HTTPS接続のコストは極端に下がっている

この記事は広くWebマーケティング担当者に向けて書かれたものですが、Webメディア運営者にとっても必読の内容となっています。以下のリンクよりご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.