雑誌出版社がWebメディア化を進める場合、広告営業体制の再編が課題となります。雑誌単位での専門性を重視するべきか、デジタル領域の専門性を重視して一本化すべきか。タイム社とボニアー社の事例を元にそれぞれのメリットとデメリットを考察した、『DIGIDY』の記事をご紹介します。

出版社がデジタル化を進める場合の営業体制

雑誌の販売だけでは立ち行かなくなってきた出版業界。読者獲得を求めて多くの出版社がデジタル化を進めていますが、その際に問題になるのが営業体制のあり方です。

多くの出版社では、雑誌ごとに広告営業部隊が分かれています。Webメディアの広告を販売する場合、メディアの専門性を重視して雑誌単位での営業体制を続けるべきなのか。それとも、デジタル領域に詳しい営業体制を新たに構築して一本化するべきなのか。それぞれのメリットとデメリットについて、タイム社とボニアー社の実例を元に考察した記事が『DIGIDY』に掲載されています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.