Googleの検索結果で一部のサイトの下部に表示される「サイトリンク」。ユーザーにとって非常に便利な仕組みですが、Webメディア運営者にとっても喉から手が出るほど欲しい存在です。このサイトリンクの仕組みと対策が、『ferret』の記事に掲載されています。

【徹底解説】Google検索「サイトリンク」の仕組みと表示と対策とは

あなたのWebメディアは、Googleの検索結果に「サイトリンク」が表示されていますか? サイトリンクとは、検索結果に表示されるサブ領域で、主にサイト内の別のコンテンツへのリンクが表示されるものです。これが表示されると非常に有利になりますが、その表示の有無と内容はGoogleのアルゴリズムによって決まるため、サイトオーナーがコントロールできるものではありません。

とはいえSEO同様、Googleのアルゴリズムを理解することで少しでも近づくことができるはずです。そのための具体的な対策が、『ferret』の記事で紹介されています。

1. サイト構造と ナビゲーションがわかりやすい状態を心がける
2. ナビゲーション内に ページへのリンクを設置する
3. XML サイトマップに記述し、最新の状態を保つ
4. ページ要素とリンクの張り方を最適化する
5. 構造化データマークアップを実装する

またこの記事では、本来表示させたくないページがリンクに表示されてしまった場合の対策なども紹介されています。詳しくは、『ferret』に掲載された元記事をご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.