Appleが2017年9月より導入したIntelligent Tracking Preventionにより、SafariユーザーはWebサイト訪問後24時間以上経過すると、サードパーティから追跡されることがなくなりました。このアップデートによりユーザーのプライバシーが保護される一方、トラッキングデータに依存している広告主は大きな打撃を受けるかもしれません。この動きに関連する記事を、「DIGIDAY」と「Web担当者Forum」より紹介します。

すべてのパブリッシャーに悪影響が及ぶわけではない(DIGIDAY)

「DIGIDAY」の記事では、リターゲティング広告のパフォーマンス低下がパブリッシャーに悪影響を及ぼすとしながらも、「収益の大半を直接販売から得ているパブリッシャーへの影響は微々たるものになるだろう」という意見を紹介しています。

AdWordsとGoogleアナリティクス連携の重要度がより高まった(Web担当者フォーラム)

「Web担当者Forum」の記事では、Intelligent Tracking Preventionの仕組みを詳しく解説。さらにその対策として、AdWordsユーザーに向けてGoogleアナリティクスとの連携の重要性を訴えています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.