株式会社オプトが2017年10月20日、VRやARなど、フィジタル(Physical+Digital)な技術を活かしたマーケティングに関するWebメディア「drop:Phygital marketing magazine」をオープンしました。

「drop:Phygital marketing magazine」は、フィジタルマーケティングの最新情報を発信するオウンドメディアです。株式会社オプト内の「フィジタルマーケティングラボ」が運営しています。

フィジタル(Phygital)とはPhysicalとDigitalを掛け合わせた造語で、同メディアによると米国において2015年頃から使用されるようになったマーケティング用語だそうです。まだオープンしたばかりなのでコンテンツ量は少ないですが、【フィジタル×自動車】【IoT×睡眠】【AR×コスメ】【VR×不動産】と、興味深い記事が並んでいます。

画像: drop:Phygital marketing magazine magazine.drop-phygital.com

drop:Phygital marketing magazine

magazine.drop-phygital.com

最先端の事業領域の場合、自社商品をアピールする前に、まずはその概念や価値自体を世に知らしめる必要があります。既存メディアの取材を待つのも良いですが、このように自らオウンドメディアを立ち上げて情報発信をすることは、極めて有効な戦略と言えるでしょう。

なおこの「drop:Phygital marketing magazine」ではCMSに「dino」を採用。簡単に記事更新できるシステムにより、自社内スタッフによるスムーズな運営を実現しているようです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.